「プログラミング教育は目が悪くなりそう」と思っていませんか?

近年、子供にさせたい習い事でプログラミングが上位になっているものの、
実際にプログラミングを習わせている家庭は少ないのが現状です。

私達が独自に調査を行った結果「子供にプログラミングはまだ早い」、
「目が悪くなりそう」といった意見が多いようです。

文部科学省の発表によりすでにプログラミングの授業が導入されることが決定しています。
したがって、IT化が進むこの時代にプログラミングを避けては通れないと私達は考えています。
PiTmeでは「パソコンを使わないプログラミング教育」をテーマに活動を行っています。

「PiTme」に込められた意味

子ども達におもちゃを使って想像力を豊かに成長してほしいという想いを込めて、

Program(プログラム)、
Imagination(イマジネーション)、
Toy(おもちゃ)の頭文字をとり、

PiTme(ピットミー)と名付けました。

 

小さいうちからプログラミングに必要な資質を養い、これからの未来を担う子供たちに
プログラミングの楽しさと技術を学んでほしいと思いをもとに活動を行っています。

プログラミングを行うにあたって、必要な力があります。
それは、
「論理的思考力」、「問題解決力」、「創造性」
の3つです。

論理的思考力:物事を筋道立てて、論理的に考える能力
問題解決力:ある問題に対して、正しい手順を知り解決する能力
創造性:これまでにない発想を考え出す能力

私たちの活動では上記3つの力を育てる活動を行っております。

PiTmeの特徴

私たちの活動には3つの特徴があります。

PiTmeではパソコンを一切使いません。

パソコンを動かすことがプログラミングではありません。
動かしたいものに対して「自分の考えを正確に伝えること」がプログラミングなのです。

玩具で遊びながら自然に学ぶことができます。

PiTmeでは「遊ぶこと」=「学ぶこと」です。
学ぶことの楽しさを認識することができます

考える習慣が身に付きます。

考えることはプログラミングに限らず、
生活の中で大切なことです。
PiTmeでは子供たちが自分で考え、決断できる子に
育つように支援します。

 

 

随時体験会を行っております。
皆様のご参加をお待ちしております!
体験会スケジュールを見る