ピットミーとは

ピットミーとは、Program(プログラム)、Imagination(イマジネーション)、Toy(トイ)でPiT。子どもがおもちゃを使って想像力を豊かに成長して欲しいという想いを込めてピットミー(PiTme)という名前で活動しています。

パソコンを使わないプログラミング教育

文部科学省の発表により2020年プログラミングの授業が導入されることが決定しています。したがって、IT化が進むこの時代にプログラミングを避けては通れないと私達は考えています。ピットミーでは、「パソコンを使わないプログラミング教育」をテーマに活動を行っています。

ピットミーのカリキュラム

パソコンは一切使いません。

PiTmeでは「パソコンを使わないプログラミング教育」をテーマに活動を行っています。

玩具で遊びながら自然に学べます

ピットミーでは「遊ぶこと」=「学ぶこと」です。学ぶことの楽しさを認識することができます。

考える習慣が身に付きます

「考えること」はプログラミングに限らず、生活の中で大切なことです。子供達が自分で考え、決断出来る子に育つよう支援します。

出張サービス・イベント出展について

幼稚園・保育園、学校、学童保育などで出張してプログラミング教育を実施しています。パソコンを使わず玩具を使って遊びながら体験できるので小さい子でも安心して学べます。必要な教材、備品等はすべて持ち込みで対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

詳細はこちら

 

ワークショップや教育関連などのイベントに出展させていただきます。イベントに合わせて出展いたしますのでお気軽にご相談ください。

<実績>
ワークショップコレクションin福岡
キッズクリエイティブ研究所

お問い合わせ

企業やショップ様のスペースを利用して、プログラミング教育の体験会を実施いたします。
例えば、
■空いてるスペースを有効活用して家族連れの集客に結び付ける
■お子様を体験会に参加させていただき、その間は親御さんにショップをまわってもらう
など、アイディア次第で集客に結び付けられるようご相談に応じます。

お問い合わせ

プログラミング学習玩具をお取り扱いの業者様は、ピットミーでのプログラミング体験会やカリキュラムで取り扱いもできますので、お気軽にお問い合わせください。

なお、『パソコンを使わないプログラミング教育』となっておりますので、タブレットやパソコンを使った商材の取り扱いはできませんのでご了承ください。

お問い合わせ

インストラクターの紹介

Yoshida

子どもたちと一緒に楽しく学べる場を作れるように、子供たち1人1人のペースに合わせてサポートしたり、子どもたちと同じ目線で話すよう心がけております。気軽にお声かけいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Matsuo

子どもたちが試行錯誤しながら「出来た!」の笑顔を見るのが嬉しいです。また、子どもたちの発想と想像力には驚かされることもあり、私自身勉強になることも。どうぞよろしくお願い致します。

Mizuki

インストラクターとしてよく出ている水城と申します。リピーターで来てくれるお子様の成長を感じ嬉しく思っております。今後もいろんなカリキュラムを用意しますので皆さんのご参加お待ちしております!

ご体験の感想

アンケート

ピットミーでは随時プログラミング教育についてアンケートを集計しております。